ファクタリング会社の失敗しない選び方8つのポイントと乗り換え方

ファクタリング会社選び方

ファクタリング会社の失敗しない選び方について解説します。

ファクタリング会社によって、手数料や入金スピードが異なるうえに対応品質や信頼性もピンキリです。信頼できる優良なファクタリング会社を選ぶのは当然ながら、自社の状況に合ったサービスを提供している会社を選ぶ必要があります。ですが、言うほど簡単ではありません。「資金調達を目的にファクタリング会社を利用したい」、「他のファクタリング会社へ乗り換えたい」、「ファクタリング会社選びに失敗したくはない」という方はぜひ参考にしてください。

なお、一刻も速く優良なファクタリング会社を選びたい方はコチラの内容をご確認ください。

プロフィール
【執筆・監修】
ファクタリングの教科書運営事務局

ファクタリングの一括査定サイトを運営。日々、ファクタリング会社さんと情報交換を行っておりファクタリング業界の裏事情にも精通。

ファクタリング会社を選ぶときに見るべきポイント

ファクタリング会社を選ぶ際は、次のポイントに注目しましょう。

  • 2社間と3社間
  • 手数料
  • 売掛金の買取金額
  • 入金スピード
  • 会社の信頼性
  • 債権譲渡登記の有無
  • 償還請求権
  • 買取実績

2社間と3社間

ファクタリングには、「2社間」と「3社間」の2種類があります。

2社間ファクタリングは、ファクタリング会社と売掛金の債権者の2者で契約を締結するタイプです。ファクタリング会社に売掛債権を売却し、手数料を差し引いた金額が債権者に支払われます。3社間ファクタリングは、売掛金の債権者とファクタリング会社、売掛先の3社間でやり取りをするタイプです。ファクタリング会社と売掛金の債権者の2社間で契約を締結する点は2社間ファクタリングと同じですが、その後の動きが異なります。

2社間ファクタリングと3社間ファクタリングの違いを詳しく知りたい方はコチラ

2社間ファクタリングの場合、売掛債権の譲渡を売掛先に知られることはありません。

一方、3社間ファクタリングの場合、売掛金の債権者は売掛先へ「売掛債権を譲渡した旨の通知」を行います。2社間ファクタリングよりも売掛金の未回収リスクが低いため、手数料が大幅に安い点がメリットです。ただし、売掛債権の譲渡を売掛先に知られてしまうため、企業の安定性を疑われて今後の取引に何らかの影響が及ぶ可能性があります。

手数料

ファクタリングの手数料の相場は、2社間で15~30%、3社間で1~9%程度です。前述したとおり、2社間ファクタリングは3社間ファクタリングよりも未回収のリスクが高いため、手数料も高く設定されています。1,000万円の売掛債権を売却した場合に、実際に振り込まれる金額の例を紹介します。

  • 手数料5%……950万円
  • 手数料10%……900万円
  • 手数料20%……800万円
  • 手数料30%……700万円

このように、売掛債権の金額が高くなればなるほどに手数料の影響が大きくなります。

売掛金の買取金額

ファクタリング会社が買い取れる売掛債権には、上限と下限が定められています。最低買取金額に制限がないファクタリング会社もありますが、10万円や20万円以上に定めている会社が多くみられます。また、上限は1億~10億円程度に定められている会社がほとんどです。売掛債権の金額が高い場合は、買取金額の上限を十分に確認しましょう。

数十万円や数百万円程度であれば、ほとんどのファクタリング会社が対応しているため、買取金額の下限・上限について調べる必要はありません。

入金スピード

すぐにでもファクタリングで資金調達したい場合は、入金スピードにも注目が必要です。2社間ファクタリングは売掛先への通知が不要なため、即日(問い合わせから3時間程度)~3日程度で入金されます。一方、3社間ファクタリングは入金までに数週間かかるケースもあるため、急いでいる場合は2社間を前向きに検討しましょう。

会社の信頼性

ファクタリング会社の中には、違法な金利で売掛金を現金化する業者も存在します。必ず、運営元の信頼性を確認しましょう。大手企業の子会社や実績方法な会社であれば、一定の信頼があります。ただし、会社の信頼性は入金スピードや手数料などの諸条件と必ずしも一致しません。信頼性が高いからといって希望の条件を満たしているとは限らないことに注意しましょう。

債権譲渡登記の有無

ファクタリング会社の中には、違法な金利で売掛金を現金化する業者も存在します。必ず、運営元の信頼性を確認しましょう。大手企業の子会社や実績方法な会社であれば、一定の信頼があります。ただし、会社の信頼性は入金スピードや手数料などの諸条件と必ずしも一致しません。信頼性が高いからといって希望の条件を満たしているとは限らないことに注意しましょう。

償還請求権

償還請求権とは、売掛先からファクタリング会社へ売掛金が振り込まれなかった場合に、売掛金の債権者へ弁済を請求できる権利です。通常、売掛金の未回収は起こりにくいとされていますが、売掛債権の売却から売掛金の振込日までの間に売掛先が倒産しないとは限りません。償還請求権があるファクタリングは、実質的には売掛債権の売却ではなく、売掛債権を担保に借入をするものです。償還請求権がないファクタリングは未回収のリスクもファクタリング会社へ移転できるため、弁済を請求される心配はありません。

買取実績

2020年の民法改正により、債権の譲渡が禁止されている売掛債権も売却できるようになったことで、ファクタリング業界への参入が活発化しています。その影響で、質が低いサービスを提供するファクタリング会社も一定数存在する状況となったため、買取実績も確認は必須です。

ファクタリング会社を乗り換えるときのポイント

現在ファクタリング会社を利用しているものの、手数料が高い、入金スピードが遅いなどの悩みを抱えているのであれば、他社へ乗り換えことを検討するのもよいでしょう。ただし、次のポイントを押さえる必要があります。

債権の二重譲渡に注意する

債権の二重譲渡とは、1つの売掛債権を2社以上のファクタリング会社に譲渡することです。二重譲渡すると、売掛金の債権者は2倍の額を得ることができますが、詐欺罪に問われます。また、関与したファクタリング会社とは勿論、他のファクタリング会社とも今後の取引を断られます。債権は目に見えないため、ファクタリングを複数の人物が管理している場合は、すでに譲渡している債権を別のファクタリング会社に譲渡してしまうリスクがあります。会社の社会的信頼性を揺るがすトラブルに発展する恐れもあるため、売掛債権は厳格に管理しましょう。なお、売却済みの売掛債権を別のファクタリング会社に譲渡することはできません。売却した売掛債権の扱いはファクタリング会社が決めるものであり、元債権者は売却済みの売掛債権の扱いを決めることはできないのです。

違法業者ではないか入念にチェックする

ファクタリング会社の乗り換えを検討する際は、入金スピードや手数料、担当者の質、買取可能額の下限・上限などに不満を持っている場合が多いでしょう。早くファクタリング会社を乗り換えたい場合は、冷静な判断ができないもののため、誤って違法業者に乗り換えることがないように注意が必要です。ファクタリング会社から営業電話がかかってきて、今取引しているファクタリング会社の不満を伝えると、その不満を解消できる内容での契約を迫ってくることがあります。例えば、入金スピードが遅い不満を伝えると、「うちなら即日で振り込めます」などと言うでしょう。違法業者は、適当な理由をつけて売掛金を振り込まなかったり、事前に伝えた手数料よりも高額が手数料を請求したりします。早くファクタリング会社を乗り換えたいときこそ、慎重に乗り換え先を選ぶことが大切です。

無論、ファクタリング自体は違法ではありませんが、ファクタリングという名を借りた違法業者がいるということと混同しないように注意が必要です。

現在抱えている悩みを解消できるファクタリング会社に乗り換える

現在、抱えている悩みを解消できるファクタリング会社を選びましょう。例えば、入金スピードが遅いことに悩んでいる場合は、入金スピードが速いファクタリング会社を選びます。担当者に親身になってくれないことに悩んでいる場合は、サポート力が高いファクタリング会社を選びましょう。これらの情報は、ファクタリング会社のホームページやGoogleマイビジネスの口コミなどから集めるのも1つの方法なのですが、鵜吞みにしないことが大切です。なぜなら、そのような不特定多数の人が書き込める口コミというのは、信ぴょう性が高いとは言えないからです。また、1社ずつ調査することが時間的都合で難しい場合は、優良なファクタリング会社への一括見積もりができるサイトを利用するのも1つの方法です。コチラのサイトは、優良のファクタリング会社のみ掲載されています。

優良なファクタリング会社を選ぶには一括査定で探すのがおすすめ

ファクタリング会社は数多く存在するため、1社ずつ確認して選ぶとそれなりの時間がかかります。また優良なファクタリング会社を見つけるは大変な労力と時間が掛かります。ましてや速やかに資金調達したいのであれば、一括査定で探すのがおすすめです。

ファクタリングベストは、優良なファクタリング会社のみを取り扱っている一括査定サイトです。信頼性が高いファクタリング会社を最大4社まで一括査定を行うことができ、安心して利用できるのでオススメです。必要事項の入力にかかる時間はわずか1分です。簡単3ステップですぐに一括査定ができるため、急いでいる方や信頼性が高いファクタリング会社を知りたい方もぜひ一度ご利用ください。

タイトルとURLをコピーしました