ファクタリングで即日最速3時間で現金化するためのコツを徹底解説

ファクタリング会社選び方

緊急で資金の調達が必要になったときは、売掛債権を現金化できるファクタリングが便利です。この記事ではファクタリングを利用して、売掛債権を即日現金化するためのコツを解説します。

プロフィール
【執筆・監修】
藤和税理士法人パートナー:税理士 安井貴生

税理士業界で20年超の経験があり中小企業~100億円を超える企業まで多くの法人を担当。法人の税務を得意としているが、M&Aや国際税務、相続などの案件も数多く手がけている。また相続・人事労務関連コラムの執筆や、納税協会における経理担当者向けのセミナー講師など幅広く活躍中。

ファクタリングベストなら1分で一括査定

ファクタリングベストなら1分で一括査定

ご利用の流れ
  • Webサイトから無料一括査定
  • ファクタリング会社から買取条件の通知
  • 希望の会社と契約・着金

ファクタリングを使って即日現金化するためのコツ

ファクタリングで売掛債権を即日現金化するためのコツとしては、

  • 申し込みを午前中に行う
  • 複数社に見積もりを依頼する
  • 必要書類をあらかじめ準備する
  • 2社間ファクタリングを選ぶ
  • 信用度の高い取引先の債権をファクタリングに出す

などが挙げられます。

以下、詳細を解説します。

申し込みを午前中に行う

基本的に、審査や手続きには数時間がかかります。そのため、すべての手続きを営業時間内で確実に終わらせることを考えるなら、申し込みを午前中に行うことが理想です。

また、提携している銀行によっては即日対応できる時間に制限があり、それを過ぎると振り込みが翌日に持ち越されます。

そのような事態を避けるためにも、早い時間帯での申請が重要です。

事情があれば時間外での審査や入金に対応している会社もあるかもしれませんが、期待しない方が無難でしょう。

複数社に見積もりを依頼する

複数のファクタリング会社に見積もりを依頼することも、即日現金化のためには有効です。

即日入金を謳っている会社でも、審査や手続きのスピードが会社によってそれぞれ異なるためです。

また、あるファクタリング会社で審査に通らなかった債権が、他の会社では通過する可能性もあります。

受け付けてくれる会社が見つかる可能性を高めるためにも、複数の会社に申し込みをすることは重要です。

必要書類をあらかじめ準備する

対応の早い会社を選んだとしても、もし申請書類に不備があれば審査を開始できません。また、契約に必要な書類を揃えるために、予想外に時間を要することも考えられます。

ファクタリングをスムーズに進行させるためには、申し込みをする前に、必要書類をあらかじめ準備しておくことが重要です。

多くのファクタリング会社は、Webサイト上に必要書類を記載しているため、参考にすると良いでしょう。

2社間ファクタリングを選ぶ

取引先を含む3社間契約ではなく、2社間でのファクタリングを選ぶことも重要です。

会社間でのやりとりを極力少なくすることで、手続きにかかる時間が短縮できるためです。

売掛債権の取引先が関われば、それだけ連絡や対応の待ち時間は多くなります。

2社間であれば、自社とファクタリング会社との手続きのみで完結するため、最小限のやりとりで済みます。

対応の早いファクタリング会社を選び、自社の対応スピードを上げることで、即日現金化を叶えられるでしょう。

信用度の高い取引先の債権をファクタリングに出す

取引先の信用度が、審査のスピードを左右します。審査の際、ファクタリング会社が判断に迷えば、それだけ手続きに時間がかかるためです。そのため、自社からみて信用度の高い取引先の債権を選ぶことが重要です。

たとえば、経営状態が良好である会社や、御社と長期に渡って取引をしている会社などが適切でしょう。

また、一般的には、

  • 公共団体であること
  • 上場企業であること
  • 過去にファクタリングの実績があること
  • 決済期限が近いこと

などに該当すれば、債権の信頼度が高いといえます。

迅速に審査が通りそうな債権を選びましょう。

ファクタリングを使って即日現金化するための選び方

それでは、即日現金化するためにはどのようなファクタリング会社を選べばよいのでしょうか。

たとえば、手続きを簡潔に進められることは重要です。

また、ファクタリング会社の提示する条件が明確であれば、スムーズに申請できるでしょう。

以下、いくつかのポイントについて詳細を解説します。

手続きがオンラインで完結できる

即日現金化できるファクタリング会社の手続きは、オンラインで完結するものがほとんどです。

Web上で手続きが進行することで、審査や契約に至るまでの時間ロスを最小限に抑えられます。

また、対面での審査や契約がなければ、移動時間や身なりを適切に整えるための準備時間が短縮でき、スケジュールを調整する手間もありません。

ただし、非対面での手続きは互いに実体が見えづらく、

  • 自社の実績を伝えることが難しくなる
  • 悪質な被害に遭う可能性がある

などの側面もあります。

実績を公表している

即日現金化を謳うファクタリング会社には、高額な手数料を請求する悪質な会社や、経営状態が不安定な会社もあります。

そのような会社に申し込みをすれば、即日現金化が叶わないばかりか、損失を被る可能性も否定できません。

そうした事態を避けるために、ある程度実績のある会社を選ぶことが重要です。

優良な会社であれば、Webサイト上でこれまでの実績を公表しているはずです。申し込みをする前に、ぜひ過去のファクタリング事例を確認してみましょう。

入金などの時間が明記されている

審査自体はもちろん、審査を通過した後、速やかに入金を行ってくれる会社を選ぶことで、即日現金化を実現しやすくなります。

ファクタリング会社のWebサイト上では、入金までにどれくらいの時間を要するかが明記されていることがあります。複数の会社を比較して、より対応の早い会社を選ぶことがポイントです。

ただし、時間はあくまで目安であることを理解しておきましょう。

対象利用者に該当している

ファクタリング会社ごとに、それぞれ利用できる対象者が異なります。個人事業主でのみ利用できる会社や、反対に、個人事業主では利用できない会社もあります。

また、利用可能額についてもその範囲は会社ごとに異なるため注意が必要です。

自社や、売掛債権の条件がファクタリング会社の提示する条件に該当しているかを確認しましょう。

加えて、手数料についても自社が許容できる範囲内であるかを事前に確認しておくことをおすすめします。

ファクタリングを使って即日現金化する際の注意点

ファクタリングを申請して、即日現金化する際に注意する点について解説します。

具体的には、

  • 審査が遅れて間に合わない可能性があること
  • 事前に会員登録しなければならない場合があること

の2点が挙げられます。

審査が遅れて間に合わない可能性がある

即日現金化に対応している会社でも、すべてのファクタリングにおいて実現できているわけではありません。

最善を尽くしても、

  • 審査を始めるまでにかかる時間
  • 書類の準備にかかる時間
  • 債権や利用する側の信用度

などが原因で、想定外に時間を取られる可能性があります。

念のため、即日の現金化が叶わなかったときのことも考えておくとよいでしょう。

事前に会員登録しなければならない場合がある

オンラインでファクタリングの手続きを進めるにあたって、事前に会員登録をしなければならないサービスや会社があります。

その際には、基本的に本人の身分証明が必要です。注意すべき点は、このとき、何らかの問題が生じて本人確認ができなければ、会員登録を拒否されることです。

考えられるパターンとしては、たとえば、

  • 身分証が不鮮明である場合
  • 身分証の写真と本人が不一致であると判断された場合

などが挙げられるでしょう。

そのような事態になれば、即日の現金化は難しくなります。

ファクタリングを使って即日現金化するために準備する書類

多くの場合、ファクタリング利用に必要な書類は共通しています。

  • 登記簿謄本
  • 決算書
  • 印鑑証明書
  • 通帳
  • 納品書や請求書
  • 売掛先と交わした基本契約書

の6点です。

以下、詳細を解説します。

登記簿謄本(オンライン請求可能)

登記簿謄本とは、法人における身分証明書のようなものです。これを確認することで、その法人が実在していることを証明できます。

登記簿謄本を取得する方法には、次の3つがあります。

  • 法務局に出向いて取得する
  • 郵送で取得する
  • オンライン請求で取得する

中でも、オンライン請求による取得がおすすめです。どこからでも請求でき、時間も費用も節約できます。

決算書(過去3期分)

法人として利用する際には、実績を証明するものとして決算書の提出を求められます。どのような場合でも対応できるように、過去3期分の決算書を準備するとよいでしょう。

決算月が半年程度遡るときは、その年の試算表の提出を求められることもあります。

また、創業や独立をしてから日が浅く、決算書が準備できないときは、すぐにファクタリング会社に問い合わせましょう。

Web上で情報を探すよりも、効率的に対処方法を得られるはずです。

印鑑証明書(要事前取得)

印鑑証明書の提出を求めるファクタリング会社もあります。印鑑証明書は登録している印鑑を証明するもので、事前に取得しておく必要があります。

その際には、「印鑑登録証」あるいは「マイナンバーカード」の提示が必須です。

いずれかの準備ができたら、

  • コンビニエンスストア
  • 証明サービスコーナー
  • 市役所・区役所

などに出向いて取得します。

通帳

通帳は審査の際に、債権の実在証明や信用度を補強するものとして使われます。

出入金の情報から、会社の財務状況及び過去の取引情報を確認します。

指定期間分のコピーの提出を求められることがほとんどです。

納品書や請求書(必須)

納品書や請求書は、ファクタリングを利用する者にとって大変重要な書類です。

ファクタリング会社はこれらの書類から、

  • 利用者と売掛先の取引内容
  • 売掛債権額
  • 入金日

などの情報を確認します。

これに基づいて審査がなされるため、どのファクタリング会社でも必ず提出を求められます。

書類に記入漏れや間違いがないか、慎重に確認して提出しましょう。

売掛先と交わした基本契約書

売掛先と継続的な取引をしていても、案件ごとの納品書や請求書がないケースも想定されます。そのようなときは、売掛先と交わした基本契約書を準備しましょう。

柔軟に対応してくれるファクタリング会社であれば、売掛債権の実在証明として受け付けてくれます。

ファクタリング利用の流れ

ファクタリングを利用する際の大まかな流れを解説します。

ただし、細かい部分はファクタリング会社ごとにそれぞれ異なります。

  • ①申し込み
    利用する会社を選び、必要書類の準備をする
  • ②書類提出
    事前に調べた書類を過不足なく提出する
  • ③審査
    対面での打ち合わせがあるときはこの時点で行う
  • ④入金
    審査を通過すれば手数料を差し引いた金額が振り込まれる
  • ⑤支払い
    2社間ファクタリングではここで支払いをする

ファクタリング会社との契約書は、必ず隈なく確認し、大切に保管しておきましょう。

また、契約に不明瞭な点があれば積極的に質問することをおすすめします。

まとめ

ファクタリングを利用して売掛債権を即日現金化するためのコツは、

  • 午前中に申し込む
  • 複数社に見積もりを依頼する
  • 必要書類をあらかじめ準備する
  • 2社間ファクタリングを選ぶ
  • 信用度の高い取引先の債権を選ぶ

の5つです。

また、過去の実績を公表しているファクタリング会社を選び、入金にかかる時間や提出書類を下調べしておくことが重要です。

ファクタリングベストでは、優良ファクタリング会社最大4社にて一括査定を行います。入力が1分で完了するシンプルな3ステップで、ご希望に沿うファクタリング会社を選出します。

タイトルとURLをコピーしました